読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかみめも

アニメ、ゲームの話や紅茶の話など、日々気になったことをだらだら書いてます

私がオススメする、面白かった2016年アニメ10本

2016年も終わり、2017年の冬アニメが放送開始しはじめましたね。

そんな2016年アニメを年間通して見て、私が「これは面白かったなぁ」だとか「これはぜひ見てほしいなぁ」と思ったアニメを10本ほど紹介します。2016年アニメが200本いくらかなので、あまり多すぎるとオススメの意味を成さないので、自分の中でよかったなぁ、まだ見ていない人はぜひ見てほしいなぁと思った作品を10本にしぼりました。

※私が見たアニメとその感想については「関連記事」にそれぞれリンクが張ってありますので、あわせて見てください。

 

原作があるものについては、「概要」のところに原作の情報(出版雑誌、単行本冊数)も軽く記載していますので、あわせて参考にしてください。

 

個人的にイチオシの作品たち(ジャンル問わず特にオススメのもの)

オリジナル、原作あり、ジャンル関係なく今年本当に面白かったなぁと思った作品を3つ紹介します。それぞれジャンルは全く違いますが、それぞれの作品でいい味を出しているものたちです。

アクティヴレイド

f:id:nine-tail:20160928004101p:plain

©創通・フィールズ・フライングドッグ/ACTIVERAID PARTNERS

概要

2016年冬 1期目(全12話)、2016年夏 2期目放送(全12話)

[オリジナル] [ロボット] [公安もの] [ギャグ要素あり]

 

あらすじ

表示する

第三次流砂現象によりその一部が泥濘に沈んだ東京。

復興作業用に作られた、高出力・強化装甲<ウィルウェア>を使った犯罪の増加に対処すべく、警察庁警備局は、その吉祥寺分室に第五特別公安課第三機動強襲室第八係――通称<ダイハチ>を新設した。様々な法的制約としがらみに縛られながら、知恵と勇気と口八丁で凶悪事件に挑む若者たち(一部を除く)!決裁完了、出動せよ!!

引用:ストーリー|TVアニメ「アクティヴレイド -機動強襲室第八係-」公式サイト

 

おすすめポイント

私が2016年で一番面白いなぁと思ったのがこの作品。2期通して全体的に面白かったのはこの作品くらいだったような気がしています。

未来の東京を舞台にしている点、ウィルウェアが小型であることを生かした、ロボット戦の小回りのよさとスピード感。だけでなく、都市内部の様々な構造を使った戦闘シーンなどと戦闘シーンへのこだわりが見られたように感じました。タイバニのように特殊能力でゴリゴリって感じでなく、戦闘などに対し各省庁などの許可がいるなどといったリアリティな設定もあって好きです。

また1話ごとのストーリーのオチの付け方もよく、全体としてのストーリーの進め方もよく、全体的に面白いところが多かったのがこの作品でした。

 

91days

f:id:nine-tail:20160928004829j:plain

© 91Days

概要

2016年春放送(全12話)

[オリジナル] [ハードボイルド] [復讐が題材]

 

あらすじ

表示する

舞台は密造酒の闇取引でにぎわいを見せる街・ローレス。

その街に時を経て降り立つ、アヴィリオ。

彼は、かつてこの地でマフィアの抗争により、家族を殺された男。

ある日アヴィリオのもとに謎の人物から一通の手紙が届く。その手紙をきっかけに彼は復讐の火を灯し、ローレスへ舞い戻る。そして仇であるヴァネッティファミリーに侵入し、復讐を果たすためドン・ヴァネッティの息子ネロに近づく。

殺しが殺しを呼び、復讐は新たな復讐へと連鎖する。

哀しき運命に導かれた男たちの91日間の物語の結末とは…?

引用:STORY|91Days

 

おすすめポイント

前半感じた臨場感。最後の最後に起きる殺し合いへの伏線などの持っていきかたが素敵な作品。一部中だるみのする話があるものの、どの話も何らかの伏線になっており、後半に一気に話が急転するところが見ものです。個人的にゾクゾクきたのは2話と10話かな。

ネタバレを避けるのであれば、公式HPは見ないほうがいいと思います。特に各ファミリーの相関図が時系列で書かれており、辿ると完全にネタバレとなってしまうので要注意です。

また公式HPに行くと「Coming Soon」と書かれており、OVAか何かが出るのかと期待が膨らみます。後日談みたいな感じなんでしょうかね。

 

僕のヒーローアカデミア

f:id:nine-tail:20170111000231j:plain

© 堀越耕平/集英社・僕のヒーローアカデミア製作委員会

概要

2016年春に1期目放送(全13話)。2017年春に2期放送予定。

[ヒーロー] [戦闘シーン] [学園もの]

 

少年ジャンプにて連載中。単行本は11巻まで発売中(2017年1月時点)

僕のヒーローアカデミア 1 (ジャンプコミックス)

 

あらすじ

表示する

誰もが何かしらの超常能力・"個性"を持つようになった世界!

"個性"を悪用する者を、圧倒的な力で取り締まる「ヒーロー」は皆の憧れの存在となっていた!

主人公・緑谷出久もまた「ヒーロー」になることを夢見る少年だったのだが...!?

引用:『僕のヒーローアカデミア』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

 

おすすめポイント

ここ最近のジャンプでは珍しく「日曜日の夕方」に放送されたアニメ。作品のテイストも含め、子供も大人も楽しめるようになっている作品です。物語の構成もそうですが、個性的なキャラクターも魅力高いです。ちなみに私は蛙吹梅雨ちゃんが大好きです。

1期目のアニメではストーリーの進み方が少し遅いように感じましたが、2期目以降は原作も結構進んでいることもあり、スピード感のあるストーリー構成になったり2クール通しで放送されたりと期待が高まります。

 

スポーツアニメ

2016年は秋アニメでスポーツアニメが豊作だった印象が強いです(ユーリ on ICE、ハイキュー、競女、DAYSなど)、そんな中で私が毎週楽しみに見ていた作品はこの3作品です。

 

ハイキュー

f:id:nine-tail:20170110235654j:plain

© 古舘春一/集英社・「ハイキュー!! 3rd」製作委員会・MBS

概要

2013年に1期目(2クール 全25話)、2015年秋~2016年冬に2期目(2クール 全25話)、2016年冬に3期目(全10話)放送。

[高校バレ] [青春]

 

少年ジャンプにて連載中。単行本は24巻まで発売中(2017年1月時点)

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

 

あらすじ

表示する

ふとしたきっかけでバレーボールに魅せられた少年、日向翔陽。

部員がいない逆風にも負けず、やっとの思いで出場した中学最初で最後の公式戦で、日向のチームは「コート上の王様」と異名を取る天才プレイヤー、影山飛雄に惨敗。

リベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩いた日向だが、何とそこにはにっくきライバル、影山の姿が…!?

ボールを落としてはいけない、持ってもいけない、3度のボレーで攻撃へと”繋ぐ”スポーツ、バレーボール。だからこそ、少年たちはぶつかり合いながらもたった一つのぼーるを繋ぐ。繋いだ先に見える景色を目指して、少年たちはコートを駆ける!!

青春のヒリヒリもイライラもワクワクも詰め込んで、熱血青春バレーボール物語、いざ開幕!!!

引用:ハイキュー!!.com

 

おすすめポイント

2期目では東京遠征~仙台予選(準決勝まで)、3期目は白鳥沢戦(決勝戦)のみという構成。2期の頃からのんびりと見ており「白鳥沢戦だけで1クールやるのか」と心配していたのですが、毎話釘付けになって見ていました。

ひとつひとつのプレーのスピード感や迫力の出し方がとてもうまく、もともと原作を見ていた人以外にも(特に白鳥沢戦は)オススメできるアニメではないかと思います。

 

ALL OUT!!

f:id:nine-tail:20170110232621j:plain

©雨瀬シオリ・講談社/神高ラグビー部

概要

2016年秋放送(現在2クール目放送中)

[高校ラグビー] [青春]

 

モーニング・ツーで連載中。単行本は10巻まで発売中(2017年1月時点)

ALL OUT!!(1) (モーニング KC)

 

あらすじ

表示する

神奈川高校、入学式当日。

体格は小さいが負けん気は人一倍の初心者・祇園(ぎおん)がラグビー部に入部し、物語は動き出す。

過去のある出来事からラグビーに打ち込めない同級生・石清水(いわしみず)、面倒見がよく部員を気遣う副キャプテン・八王子(はちおうじ)、そして、圧倒的迫力と誰よりも熱い闘志を胸に秘めたキャプテン・赤山(せきざん)。

体格も個性もバラバラなメンバーが、
青春というグラウンドでぶつかり合いながら成長して行く。
すべて出し切った先にある、最高の舞台を目指して―!

引用:イントロダクション|TVアニメ「ALL OUT!!オールアウト」公式サイト

 

おすすめポイント

2016年のスポーツアニメの中で私が一番アニメとして面白いなと感じたのがこの作品です。

ラグビーという全員で競技をするスポーツの特性をうまく活かして、色々なキャラにスポットライトが当たっている点がまたポイントが高いです。他のスポーツにはないようなラフさもアニメの中で表現されているところもまた見どころ。

試合中のカメラの移し方、アニメならではの激しい音と効果でラグビーの激しさを表現する点なども個人的にはよく、「こういうスポーツアニメって中々見ないよなぁ」という感想を抱いています。

2クール目からは公式戦なども始まるのかなぁなどと次の展開が気になる作品だったりします。

 

競女!!!!!!!!

f:id:nine-tail:20170110235337j:plain

©空詠大智・小学館/日本競女振興会

概要

2016年秋放送(全12話)

[乳] [尻] [スポーツ]

 

少年サンデーで連載中。単行本は14巻まで発売中(2017年1月時点)

競女!!!!!!!!(1) (少年サンデーコミックス)

 

あらすじ

表示する

水着姿の美少女たちによるエキサイティングな水上の闘い「競女」!

ルールはシンプル。「ランド」と呼ばれる水上に浮かぶステージの上で、尻や胸を駆使して戦い、最後まで立っていた選手が勝者だ。

鍛え上げた肉体から繰り出される、胸と尻の超絶技!

熱き魂がこもった荒ぶる尻、激しい胸のぶつかり合いに人々は魅了され、その勝者は富と名声が思いのまま!

そんな競女のトップ選手を目指し、選ばれた美少女アスリートたちが集う、瀬戸内競女要請学校。神無のぞみをはじめとした生徒たちは、みんな各自の得意分野を活かしつつ、自らの尻と胸を磨いてゆく。

競女に青春を捧げる熱き乙女たちの、汗と友情の物語がいま始まる!

引用:INTRODUCTION -TVアニメ『競女!!!!!!!!』公式サイト-

 

おすすめポイント

原作からネジが数本ほどぶっ飛んだ設定をしていたのを、さらにアニメでネジをぶっ飛ばしていて、そこがまた面白い作品。しかもアニメが後半になるに連れてさらに各キャラがぶっ飛んでくるため、徐々に面白くなってくる作品です。

説明しようとすると語彙力が著しく足りなくなるので、とりあえずアニメを見て欲しいと思っている作品です。 

 

日常系アニメ

まんがタイムきらら枠は不振に終わった2016年でしたが、そんな中でもきらっと輝くアニメがいくつかあったように思えます。カテゴリとして日常系から少し逸脱しているものもありますが、全体的な枠としてはここに収めるとよさそうな2作品を紹介ます。

 

ふらいんぐうぃっち

f:id:nine-tail:20170110234748j:plain

© 石塚千尋・講談社/「ふらいんぐうぃっち」製作委員会

概要

2016年夏放送(全12話)

[日常系] [魔法使い] [田舎]

 

原作は月刊少年マガジンで連載。単行本は5巻まで発売中(2017年1月時点)

ふらいんぐうぃっち(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

あらすじ

表示する

魔女――。

 

自然豊かで資源豊富な場所を好む彼女達。

彼女達には、「15歳になったら一人立ちをし、家を出る。」そんなしきたりがあるのだとか…。

そして、これは、一人前の魔女を目指すため、青森に引っ越してきた少女のお話。

 

この街で過ごす毎日は―。

のんびりで、楽しくて、温かい。

女子高生魔女、木幡真琴の自由気ままな魔女修行、始まります。

引用:イントロダクション | TVアニメ「ふらいんぐうぃっち」公式サイト

 

おすすめポイント

2016年の日常系アニメの中で一番面白かったのがふらいんぐうぃっちだったのではないでしょうか。何より独特な雰囲気を作り出しているあの世界観、その世界観を生み出すための丁寧な作画、「のんのんびより」のようにあまり何も考えずにのんびり見るには面白すぎる作品のように感じました。何も考えず、ぼーっと見る作品の中では個人的に2016年アニメでナンバーワンです。

声優さんの演技も固くなく、どことなく落ち着いた雰囲気が作品の世界観にもあっているところもまたいいです。

 

甘々と稲妻

f:id:nine-tail:20160928010559p:plain

© 雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

概要

2016年夏放送(全12話)

[ご飯] [ほのぼの系] [親子関係の描写]

 

原作はGood!アフタヌーンで連載中。単行本は現在8巻まで発売(2017年1月時点)

甘々と稲妻(1) (アフタヌーンKC)

 

あらすじ

表示する

ひとり娘と二人で暮らす高校教師が、ふとしたきっかけから教え子の女子高生と三人でごはんを作って食べることに。

三人とも料理はまったくできないけれど、美味しいごはんはとっても大好き!

あったかくって楽しいひとときが、きっとあなたを夢中にさせる!

 引用:イントロダクション|TVアニメ「甘々と稲妻」公式ウェブサイト

 

おすすめポイント

ストーリー構成としては日常の掛け合いがあって、ご飯を作ってみんなで食べるという至ってシンプルな作品ですが、その1話1話に親子の関係や友達関係などといった色々なテーマが散りばめられていました。公平がシングルファーザーということもあり、家族愛に関するテーマも強く感じたので、子供がいる親が見るとまた違った面白さを感じる事ができます。

ご飯を作るシーン、食べるシーンともにつむぎちゃんの豊かな表情、公平たちとのあたたかな雰囲気を感じることができ、毎話見ていてほっこりしながら見ていました。料理シーンだけでなく背景などの作画もよく、全体的に面白い話が多かったように感じました。

 

 

小説・ラノベ枠

小説やラノベ作品だと、2016年は「Re:ゼロから始まる異世界生活」が至る所で大ヒットしたような印象を受けています。あとは2期目が放送された「響け!ユーフォニアム」とかもそうですね。そんなラノベ枠からの私のオススメはこの2作品です。

 

この素晴らしい世界に祝福を!

f:id:nine-tail:20170110234126j:plain

© 2016 暁なつめ・三嶋くろね/KADOKAWA/このすば製作委員会

概要

2016年冬放送(全10話)

[ファンタジー] [ギャグ要素強め]

 

角川スニーカー文庫にて連載。単行本はスピンオフ含め15作品(2017年1月時点)

[まとめ買い] この素晴らしい世界に祝福を!(角川スニーカー文庫)

 

あらすじ

表示する

ゲームをこよなく愛するひきこもり・佐藤和真(カズマ)の人生は、交通事故(!?)によりあっけなく幕を閉じた……はずだった。
だが、目を覚ますと女神を名乗る美少女・アクアは告げる。

「ねぇ、ちょっといい話があるんだけど。異世界に行かない?1つだけあなたの好きなものを持って行っていいわよ」

「……じゃあ、あんたで」

 

RPGゲームのような異世界で、憧れの冒険者生活エンジョイ!めざせ勇者!

……と舞い上がったのも束の間、異世界に転生したカズマの目下緊急の難問は、なんと生活費の工面だった!

さらに、トラブルメーカーの駄女神・アクア、中二病をこじらせた魔法使い・めぐみん、妄想ノンストップな女騎士・ダクネスという、能力だけは高いのにとんでもなく残念な3人とパーティを組むことになって、カズマの受難は続く。

そして、そんなある日、カズマ達パーティはついに魔王軍に目をつけられてしまい―――!?

平凡な冒険者・カズマが過ごす異世界ライフの明日はどっち!?

引用:作品紹介 | アニメ『この素晴らしい世界に祝福を!2』公式サイト

 

おすすめポイント

こういうバカっぽいノリのアニメ作品は大好きです。各話もノリと勢いで見れる作品ですし、最後の数話はそのノリをさらに拡大したようでゲラゲラ笑いながら見ていました。ギャグアニメだけどギャグ分全開じゃないので色々な層にオススメできる作品。

そんなノリと勢いのよさがウリっぽいアニメですが、めぐみんの爆裂魔法の爆発エフェクトへのこだわりの強さを個人的には感じています。1期4話のめぐみんの爆裂魔法の修行シーンがただ爆発エフェクトへのこだわりを感じさせる話だったように思えます。

2期も注目の作品ですし、1期は10話のみと他の作品よりもさくっと見やすいので、2期視聴にあわせてぜひ改めて見てほしい作品でもあります。

 

灰と幻想のグリムガル

f:id:nine-tail:20170110233730j:plain

©2016 十文字青・オーバーラップ/灰と幻想のグリムガル製作委員会

概要

2016年冬放送(全12話)

[ファンタジー] [シリアス寄り]

 

オーバーラップ文庫にて連載。単行本は10作品(2017年1月時点)

灰と幻想のグリムガル level.1 ささやき、詠唱、祈り、目覚めよ (オーバーラップ文庫)

 

あらすじ

表示する

生きるって簡単じゃない。

 

目が覚めると、ハルヒロは暗闇の中にいた。

ここがどこなのか、なぜここにいるのか、そしてどこから来たのかもわからないまま。

周りには自分と同じ境遇らしき数名の男女。

彼らとともに暗闇から踏み出した先には見たことのない世界、「グリムガル」が広がっていた……。

記憶も、お金も、特別な力も……何もない僕たちが手に入れた現実。

引用:STORY丨TVアニメ「灰と幻想のグリムガル」公式サイト

 

オススメポイント

ゴブリンを倒すのに相当の時間を要する。普通のファンタジーのように最初の一歩がなかなか進めない感じが、ファンタジーなのにちょっとリアリティがあって面白いです。最終的に少しパーティ戦にも慣れてくるところで終了するので、2期やらないかなぁと期待をしている作品だったりします。

作品の全体的な色合いが、作品タイトルや各話といい感じにマッチしているところもよく、全体的に雰囲気作りが好みな作品です。各話の進みがちょっとのったりしているところを除けばとても面白く雰囲気のある作品のように思えます。

 

さいごに

今回は2016年放送アニメの中から、自分が面白かった作品のうち、いくつかのジャンルで紹介したいなと思った作品を10個取り上げました。本当は「フリップフラッパーズ」とか、「昭和元禄落語心中」、「コンクリート・レボルティオ」とかも入れたかったのですが、10選にしたかったので今回は選外にしました(もしかしたら今後増やすかも)

2017年もいろいろな面白いアニメが放送開始されています。また2017年版も同様のオススメ記事を作っていければと思います。

 

関連記事など

今年のアニメ感想のまとめ記事です。

各期アニメの感想などを書いていますので、あわせて見てください。

2016年上半期(2016冬、2016春)アニメを見た感想まとめ(全47作)

2016年夏アニメの感想まとめ(22作品)と私が面白いと感じた作品

2016年秋アニメの感想まとめ(32作品)と私が面白いと感じた作品

 

 

話数単位で選んだ2016年TVアニメ10選もやってみました 

話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選