読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかみめも

アニメ、ゲームの話や紅茶の話など、日々気になったことをだらだら書いてます

話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選

アニメ

自分の中での頭の整理もかねて、こちらの企画に(無許可で)参加させて頂きます。

(もともとは九州人さん(id:kyuusyuuzinn)がやっていたことが気になっていただけだったりしますが)

ルールは以下の通りで、この中からうまく期が分散するようにある程度調整しつつ、自分の中でぐっときた話を10個選出していきます。

 

 ・2016年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

集計ブログ様:「話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選」参加サイト一覧: 新米小僧の見習日記

 

私が選んだ10選です

アクティヴレイド2nd 3話「天使と破壊神」

f:id:nine-tail:20161226234549j:plain

1クール目が冬、2クール目が夏の分割2クールアニメ。アクティヴレイドは2クール目の盛り上がり方がよかっただけに2クールぶっ通しでやってほしかった作品でした。個人的には分割したことでクォリティが上がったと思っています。

今期の中でもトップクラスに面白いアニメだと思います。2016年オススメアニメの記事を作るときにも絶対取り上げる作品です。

 

そんなアクティヴレイド2クール目の3話は第九へ赴任となったあさみとその部下たちのドタバタな回だったわけですが、メカ戦のよさ、爆発シーンの豪華さに加え、ストーリーの導入からオチの付け方までがまさに作品作りのお手本のような出来だった印象。「小澤亜李さんがただやりたい放題するだけ」なのがまたそれがいい。

第九のキャラクターたちの自己紹介を兼ねた回のようでしたが、自己紹介が各キャラの性格というか持ち味がしっかり出ていたため、さらっと見れるギャグ回にも関わらず濃厚な内容になっていました。私イチオシの話です。

 

おしえて!ギャル子ちゃん 7話「プールと少年って本当ですか?」

f:id:nine-tail:20161227013437j:plain

ギャル子ちゃんは能登さんのナレーションが聞けば聞くほどツボに入ってくる感じが好きだった作品です。春アニメは非30分アニメが豊作だったのですが、その中で一番好きだったのがこれでした。

7話のプール回は今期アニメの中でも色々な年齢層+ショタボーイの水着まで拝める、一度で何度かおいしい水着回でした。さらにお風呂シーンまであるし、ギャル子ちゃんのお風呂シーンでは髪の毛を上げて縛っているところもまたいいところ。

 

ギャル子ちゃんとクセ太(ショタの子)の出会うシーンのムダのなさが私が好み(というかそういう表現技法が好きなだけ)だったり、クセ太の同級生の女の子に対するマウンティングをさらっと仕掛けるあたりなどただの男性へ向けた作品ではないんだなぁと感じました。それだけでもこの7話は面白い。

 

ふらいんぐうぃっち 5話「使い魔の活用法」

f:id:nine-tail:20161227005907j:plain

ふらいんぐうぃっちは毎話安定して面白かったのですが、自分の中でダントツだと思ったのが5話。使い魔のチトさんの視点で描かれた話で、余計な会話シーンがなくただ淡々とチトさんの行動を辿る感じ、同じ行程ながら前半と後半で違いを見せるところが、BGM選びのゆったり感も相まってただただ最高と言わざるをえないです。そんな中でひとつひとつの作画描写が丁寧なところがまたポイントが高いです。

 

2015年のゆるゆり3期の8話の生徒会長メインのサイレントアニメ回(チャップリンもビックリの無言ゆるしべ長者!)のテンポ、進行が好きなのですが、それに非常に類似した面白さを感じました。

 

甲鉄城のカバネリ 6話「集う光」

f:id:nine-tail:20160521003837j:plain

今期のベスト・オブ第1話を選ぶとしたら甲鉄城のカバネリなのですが、そんな1話よりも好きなのがこの6話。

 

感想としては以下の記事に書いたので長くは書かないですが、この話が一番サブキャラの活躍が出ていたところ、無名の今までにない少し弱った表情、生駒との関係の進展などと色々な要素が詰まった話だったように覚えています。

というか何よりも侑那の脇と背筋の描写だけでナンバーワンなんや、と言いたくなるんだよなぁ。

甲鉄城のカバネリ 6話感想 ~サブキャラたちの活躍っぷり~ - たかみめも

 

新章の制作もあるとのことなので、続報に期待したいですね。

 

甘々と稲妻 7話「五平餅とだいぼうけん」

f:id:nine-tail:20161227000854j:plain

甘々と稲妻7話のさめのうたが頭から離れなかった思い出が。遠藤璃菜さんの歌声のかわいさ、BGMの展開のよさ、効果音の使い方のうまさが際立ついいシーンでした。その後のお出かけシーンも全体的に見どころが多いです。

この作品はつむぎ視点で描かれることがあり普通のアニメに比べてカメラの視点が下にあることが多いのですが、つむぎ単体の視点で描かれるのが一番多かったのがこの7話だったよなぁと。

 

この話の後半では犬塚先生がつむぎちゃんが怒るシーンがありますが、子供のいる親としての視点で見ると「あぁー、自分でもそういう反応してしまうよなぁ」と原作からアニメでうまくシーンを改変しているなぁと感じた話でもありました。

 

NEW GAME 11話「リーク画像が昨日、ネットに出てましたよ!」

f:id:nine-tail:20161226231905j:plain

この作品は脱衣シーンに良さを感じたり、「がんばるぞい」に期待したりと色々なところでも盛り上がりましたが、個人的には11話の前半にあったフェアリーズストーリー3のPVだけで、この作品を見ててよかったなぁと思えるクォリティの高さを感じました。何というかいかにもアルトネリコ感が出ているところや、ゲームキャラの作りがいかにもな感じというオツなところまでがよかったなぁと。

あとはコスプレひふみんが可愛かったんですよね。こういうの私嫌いじゃないのよ。

 

SUPER LOVERS 9話「rainy season」

f:id:nine-tail:20161226224437j:plain

れんきゅんがかわいいアットホームホモアニメ。深夜枠とは言えここまで露骨にれんきゅんのパンツを下ろして半ケツ状態にするのもなかなか度胸あるなぁというか衝撃的だったなぁというところからのチョイス。こういうの嫌いじゃないですよ。

 

SUPER LOVERSは2017冬に2クール目をやるのでこちらも楽しみですね(ホモォ的な意味で)

 

 響け!ユーフォニアム2 9話「ひびけ!ユーフォニアム」

f:id:nine-tail:20161227010916j:plain

久美子とあすか先輩との帰宅(というかあすか先輩の家に行くシーン)の途中に出て来る香織に靴紐を結んでもらうシーン。このシーンのあすかの表情の見えないカット、第三者視点のカメラワーク。その時のあすか表情はしっかりとは浮かんでいなかった不穏さから、「家でふたりきりになった時の展開」は一体どう進むんだろうかとよからぬ想像を掻き立てられる、そんな雰囲気を感じました。

 

この作品は吹奏楽シーンなどの楽器および演奏などの作画シーンが好きという点と、人間関係を描いた部分が好きという点の2つの好み要素がありますが、同じユーフォ演奏者のふたりだからこその描写が多く、演奏もぐっとキテいるこの9話が私は好きでした。

 

 信長の忍び 5話「今川軍がやってきた」

f:id:nine-tail:20161226224234j:plain

ここ数年で一番くぎゅうがかわいかった話。私からは以上です。

 

余談ですが、今年は「とんかつdjあげ太郎」を含め大地丙太郎監督作品が猛威を奮っていたのも珍しいなぁという印象を受けました。

 

ViVid Strike! 6話「ウィンターカップ」

f:id:nine-tail:20161226235016j:plain

4話の過去回想の血しぶき描写が一番ぞわっとした方は多いと思いますが、6話のリンネVSミウラの最後の肋骨バキバキ描写の痛々しさを個人的には推したいところ。

この後の話でも泥臭い肉弾戦や悲痛なダメージ描写はあるものの、6話の肋骨バッキーの表現に至るまでの戦闘シーンの激しさに加え、リンネの一発でひっくり返すまさに「力こそパワー」な感じが出ていた良シーンでした。戦闘シーンだとこの後のヴィヴィオVSリンネやフーカVSリンネもよかったですが、この勝負がベストバウトでした。

 

総括として

別途1年間で面白かったアニメはまとめようと思っているのですが、秋アニメが全体を通して面白いものが多かったなぁという印象でした。秋は5分枠も充実してましたし、30分アニメも色々なジャンルでまんべんなく面白かったなぁと。

 

マジメにアニメをがっつり見た年ではあったものの、そこから10話を選ぶというのはなかなか絞り込みが難しいなぁと思いました。でも作品10個を選ぶのとは違う視点で選べるので、とても新鮮な気持ちで選べたように思えます。