読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかみめも

アニメ、ゲームの話や紅茶の話など、日々気になったことをだらだら書いてます

Web上でのアンケートの難しさ(けものフレンズアンケートで学ぶ)

3月末、けものフレンズの最終回に合わせ「どの話が面白かったか」というアンケートを作ってみました。アンケートを作成してから1週間で、どれだけの回答が集まったのか、実際やってみてどうだったのかという話です。

 

アンケートの結果について

アンケートの作成

今回はGoogleFormを使い、簡単なアンケートを作成しました。

無記名、問題数1問とアンケートの回答に1分もかからないような作りにしました。

 

アンケート自体は以下の記事(12話の感想記事)の最後に組み込んで、記事を見ていただいた方にお答え頂ければという形を取りました。この記事を見ている方であれば最終回まで見ているだろう、という推測のもとです。(現在はアンケートは終了しました)

9tail.hatenablog.com

 

記事閲覧数とアンケート回答数

結果は以下の通りでした。

Twitterなどでアンケートを拡散したこともあるので、記事閲覧数に対する回答率はもう少し下がりますが、それでも回答率は5%を超えるでしょう。

 

記事閲覧数:1,556

アンケート回答数:104

回答率:6.7%

 

この回答率がどうか、と言われると高いかどうか微妙ではありますが、個人的には(記事がそこまで拡散されていないにも関わらず)回答数が100を超えたことに嬉しさを感じています。

 

アンケート内容とその結果

アンケートの質問は以下の1問だけでした。

けものフレンズで一番おもしろかったのは何話ですか?

それに対する回答は以下の通りです。GoogleFormの結果のままだと見づらいので、見やすい形に変えました。

 

f:id:nine-tail:20170407223047p:plain

最終回が圧倒的ですね。次いで3話、6話、11話の順番に面白かったと評している方が多かったです。一方で8話を一番面白いとした方は一人もおらず、次いで9話、2話も一番面白いと思った方は少ないようです。

 

f:id:nine-tail:20170407224045p:plain

アンケート総数に対する各話の得票率にしたものがこちらのグラフです。最終回だけで全体の1/4、最終回と3話だけでほぼ半分近くでした。もっと偏るかなぁと思ったのですが、それなりに各話でバラけましたね。

 

個人的に意外だったのが、1話や11話に比べて6話が人気だったこと。3話についてはトキちゃんとアルパカちゃんのキャラクター性と広大な世界観の表現などで人気だったのは知っていたのですが、まさか6話が……と思ったのですが、よくよく考えてみるとハシビロコウちゃんが好きな人が多いのかな(私も6話が一番好きなのですが、好きな理由は全く別にあります)

 

アンケートの難しさと今回の反省点

さて、今回GoogleFormを使ってアンケートを作成したのですが、色々と難しいなと感じたというのが正直な感想です。

 

アンケートの母数:「集客力」、「拡散力」がモノを言う

単純なことですが、アンケートに答えてくれる人がいなければ、アンケートは成り立ちません。仮に記事閲覧をした人のうちアンケートに答えてくれる人が全体の10%と仮定した場合、回答1,000を求めるのであれば10,000人以上の方の目に留まる必要があります。

ブログという媒体を使っている場合、集客には「ブログの購読者」と「TwitterなどSNSでの集客」がほとんどでしょう。特に盛り上がっていたTwitterを狙いにする必要がありましたが、なかなか厳しいというのが現実。

 

アンケート回答率:アンケートまでどう「誘導」するか

アンケートまでどう誘導するかも重要でした。この点については「自分の記事をいかに最後まで読んで頂けるか」というところにも掛かってくるのですが、アンケートならアンケートとして割り切って記事にするのもアリかなと思いました。

4択以内であればTwitterのアンケート機能をつかえたので、拡散力や回答の容易さはもう少し上がるのですが、今回は12択だったのでこれも使えず、GoogleFormを使うことになりました。

 

アンケート機能はGoogleForm以外にもウェブ上を探せばあると思うので、デザインを含めもう少しアンケートに答えやすいようなものにするというのは重要なことな気がシています。

 

まとめとして

やめるのだフェネック!集客力もないのにアンケートに手を出すのは危険すぎるのだ!

 

この一言に尽きるところではありますが、地道にアンケートを行うことである程度の票を集めることができました。

今後またアンケートのようなものが必要となった場合、今回の経験や反省を踏まえて行えればよさそうですね。今日はそんな記事でした。