読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかみめも

アニメ、ゲームの話や紅茶の話など、日々気になったことをだらだら書いてます

ガルパンを4DXで見てきたので、「ガルパンはいいぞ」を極力使わないように感想を書きます

アニメ

パンツァーフォー!(レイザーラモン風)

 

18日の夜中にイオンシネマでガールズ&パンツァーの4DXの予約を取ることができましたので、本日行ってきました。初日に行かなかった理由は色々と所用があったためと、本日時間が作れたためです。

この4DX視聴により、立川爆音、4DXでガルパンを視聴してきましたので、4DXに対する感想と、立川爆音との比較について記載したいなと。また極力「ガルパンはいいぞ」とテンプレートを極力使わずに4DX視聴がどうだったかと所感を述べていきます。

 

スポンサーリンク

 

 

4DX視聴前の予習

4DXおじさんからのアドバイスが非常に的確だと感じたため、こちらを4DX視聴前に予習しておきました。視聴後に改めて確認をしましたが、やっぱり視聴前に見ておくには大変参考になる記事だと感じましたのでここでご紹介しておきますね。ありがとう4DXおじさん。

n-styles.com

 

みなとみらいに到着~映画視聴まで

オシャレの街みなとみらいに到着し、ワールドポーターズへ。少し時間があったので、ダージリン様崇拝の儀としてNINA'Sで紅茶を購入。ダージリンがなかったのでとりあえずアールグレイを購入しておくことに。ただよくよく考えるとアールグレイなんてキャラは聖グロリアーナにはいないじゃないかと思い若干涙目になりながらあっつあつのアールグレイを飲むことに。

f:id:nine-tail:20160222003753j:plain

 

そしてワールドポーターズ5階にありイオンシネマへ行き、チケットを引き換えて劇場へ。一応ちゃんと行ってきましたよという証跡としてチケットの写真(モザイクあり)を載せておきますね。 

f:id:nine-tail:20160222010525j:plain

 

ガルパン4DXを視聴した感想

 

ガルパンはいいぞ

 

と思わず言ってしまいましたが、本当にガルパンはいいんですよ。とはいえ、今回はこの言葉をこれ以降極力使わないように、感想を述べていきますね。

 

ガルパンの4DXで発生したエフェクト

4DXのエフェクトの一覧は以下の画像の通り。4DXには全部で11通りのエフェクトがありますが、その中でガルパンで発生した(用いられた)エフェクトは以下の通りです(間違ってたらごめんなさい)。文字で書くとわかりにくいところがあると思いますので、画像を用意しました。。各エフェクトがどこに使われているかどうかは(後ほどお伝えする感想を除き)4DXで視聴した人だけのお楽しみにしておきますね。

f:id:nine-tail:20160221220613p:plain

 

全体的な4DXでの雑感 

基本的に戦車シーンではガタガタとお尻のほうに振動があり、戦車に乗っていることが伝わってくるような感じ。自動車部が学園艦で車を運転するシーンに比べて戦車に乗っているシーンのほうが振動が大きく、車と戦車での振動の差をしっかり出していました。あと、地面によって(砂浜、車道、山道など)で若干振動が違っていたように感じたのですが、これはもしかしたら私だけかもしれません。

揺れはそれなりにあったので、戦車での戦闘シーンでの飲み物の摂取はやめたほうがよさそうですが、上記記事に書かれているようなマッドマックスクラスの動きまでではなかったと思われます。一方で戦闘シーン以外ではそこまで揺れるシーンはなかったので、飲み物を取る場合は戦闘シーン以外で大丈夫そうです。ただ全体的に少し部屋が寒かった(上、エフェクトの効果によりさらに冷える)ので冷たい飲み物を飲んでしまうとお手洗いが近くなってしまうでしょうね。

 

香りのエフェクトについては、残念ながらダージリン様の紅茶の香りなんてのは存在しなかったのですが、火薬(っぽい)の香りはありました。

 

私は真ん中のほうの席をとったのですが、モニターから席までが普通の映画館よりも少し距離があるので、確かに前のほうに座っても全然よさそう。あとは無料ロッカーはぜひ使ったほうがよさそう。振動やら色々なエフェクトを楽しむには荷物が邪魔になると感じました。これも先の記事に書かれている通りですね。 

 

乗り物酔いが心配な方へ

自分で運転する自動車で若干気持ち悪くなるくらいには乗り物に弱いです私。4DXでは座席が三次元に動くため、激しい動きが続くようだと乗り物酔いを起こしてしまうんじゃないかなと懸念していました。実際にTwitterでも酔いを起こしたから体調を整えたり酔い止めを飲んでおいたほうがよい、という意見もあるくらいでした。

そんな私でしたが、ガルパン4DX視聴では乗り物酔いのように気持ち悪くなることはありませんでした。若干のネタバレになってしまうとアレなのでさっくりと言いますが、一番気持ち悪くなるシーンはじゃじゃ馬のローズヒップの運転ではなくラストのシーンでした。とはいえ、この点については個人差があると思いますので、心配だなぁだとか体調が芳しくないなぁと思ったら、事前に酔い止めなどを準備しておくとよさそうです。

 

個人的に気になった4DX視聴シーン

ここからは気になった(オススメ)の4DX視聴シーンです。ここに関してはネタバレの要素を含むので、見たい人だけ見ればよいかなと思っています。見たい方は以下からどうぞ。

表示する

砲撃が横をかすめるところ
どのシーンでも共通であるのですが、戦闘シーンにおける砲撃が頬を掠める感じはうまいなぁと思いました。振動だけだと「あぁ揺れてるなぁ」としか思えないのですが、こういう細かなエフェクトで臨場感を作っていると感じました。

 

雨のプラウダ

大学選抜戦の前半、プラウダ高校の戦車がカチューシャだけになってしまうシーンです。ここのシーンだけ雨が降りしきるため、Rainstorm(雨、嵐)のエフェクトが登場します。雨だけではなく風も吹くので雨風を感じながら視聴するという不思議な感覚に。雨、風、振動と複数のエフェクトを感じながら映画を見るのはとても新鮮で、エフェクトなしで見たとき以上にいいシーンになったんじゃないかなと感じました。

 

カール自装臼砲とどんぐり小隊

これも大学選抜戦の前半戦、カール自走臼砲が600mmの砲弾を遠距離から打ち込み、中隊のいる地点に爆撃を仕掛けるシーン。この爆撃が一番揺れ、光ともに激しかったです。普通の砲撃に比べ威力が段違いであることがわかります。

どんぐり小隊VSカール自走臼砲との戦闘シーンは個人的な劇場版ベストバトルだと思っています。BGM、テンポ、流れが揃った非常にいいシーンですが、ここに4DXのエフェクトが入るとまた違った趣がありました。継続高校のBT-42が一度戦闘不能になりかけますが、再発進をする際のアクセルをベタ踏みするところで下半身の振動が強くなり、足を取られたものの再発進する様が伝わってきました。

カメさんチーム(38(t)改)がカールへ向かって飛び込み、砲身に直接砲撃を加えるシーンは、平坦でない動きをシートの動きと風で表現されており、直後の爆発の衝撃まで大変満足のいくエフェクトだったなぁと感じました。

 

ラストバトル(西住姉妹VSアリス)

戦闘シーンとして一番激しいのが西住みほ、まほと島田アリスとのラストバトル。3機が縦横無尽に移動しまくり、都度砲撃を行うシーンです。息つく間もないバトルのため、シートもガンガン動きますし、互いの砲撃が機体横を掠めるため耳元のエアーも多めでした。ラストでまほのティーガーⅠがみほのⅣ号戦車に空砲を撃ち、Ⅳ号戦車がジェット推進をするシーンで感じた、後ろからのドンという衝撃は音だけでは伝わらなかった勢いがありました。

乗り物に弱い人だと酔ってしまうんじゃないかなと感じたシーンはここです。先ほどもローズヒップの動きよりもラストシーンの動きのほうが酔うだろうなぁと書きましたが、その理由はローズヒップの動きは回転動作があまり多くなかったためです。確かに振動と高速動作だけで気持ち悪くはなるのですけれども、回転やカーブが多いシーンのほうが気持ち悪くなりやすいです。

 

お風呂のシーン

お風呂のシーンでは泡のエフェクトがあり、お風呂っぽいシーンになっていました。お風呂っぽいシーンは大体あんな感じのエフェクトなのかな。なんとなくお風呂っぽいことが伝わってきたのでよかったですが、入っていたのは温泉だよなぁとも。温泉だったので、霧のエフェクトを若干入れて、靄がかった感じを表現したほうがよかったなぁと思っています。

 

立川爆音と4DXの個人的な比較

同じ映画を見たにも関わらず立川爆音と4DXでは全く違った印象を受けました。それぞれよさはあるので、個人的なお互いのよさをと洸だったらよかったなぁというシーンを以下に書きます。

音響関係

音響については立川爆音が圧倒的によかったです。心身に響くように突き刺さる戦車の爆撃音は4DXの音響の何よりも素晴らしいものでした。むしろ4DXも立川爆音くらいに音響を調整して欲しかったなぁという欲はあったなぁとか思ったのですが、音響以外のエフェクトが劇場の色々なところに設置されていることを考えると、音響を重視するのはなかなか難しかったのかもしれませんね。

 

その他効果面

4DXで一番よかったところは、戦車に乗っているさながらの効果があることです。私自身は4DXが始めてなので他の4DX映画と比べることはできないのですが、「あっ、映画ってこんなこともできるんだ」ということを感じさせてくれました。

少し話がそれましたが、4DXの戦車シーンは「気づいたら戦車シーンが終わってた」と思わせるようなアトラクション感がありました。振動だけでもすごいのに、各種効果があるだけで映画に臨場感が出るということを知りました。

 

コスト面

4DXは通常の視聴料金に+1,000円が掛かるので映画を見るには少し高いですが、また見たいなぁと思うくらいには大変満足のある内容でした。もし何度も見に行くことなら立川爆音を選びますが、4DXもぜひもう1回は見に行きたいと思わせるようくらいには満足できますよ(もしかしたら2・3回行ったら満足するかもしれませんが) 

 

まとめ

総括としては、がんばって4DXの予約を取ってよかったなぁとまず一言目に出てきます。ガルパンおじさんとして「ガルパンはいいぞ」と思わず言ってしまいそうですし、ゆっくり咀嚼するまではそれ以外の感想が出てこないくらい語彙力が低下していましたが、しっかり、ゆっくり考えると色々な効果が細かく考えられており、4DXええやんってなりました。

放映劇場数が少ないこと、一度に入れる客数が少ないことなどがありなかなか予約が取れないかもしれませんが、放映延長などもありえますし、ぜひ一度は4DXでガルパン視聴をしてもらいたいなと感じました。少なくともみなとみらい店は放映延長するらしいですよ。

f:id:nine-tail:20160222003651j:plain

 

最後にはなりますが、やっぱりガルパンはいいぞ。単純な視聴感想ではないのでうまく説明できていないところが多いのですが、興味を持った方はぜひアニメ版から見てください。