読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかみめも

アニメ、ゲームの話や紅茶の話など、日々気になったことをだらだら書いてます

スターバックスの紅茶ブランド「TEAVANA」で、「ゆず シトラス & ティー」などを飲んできました

アニメ

本日からついに日本でもTEAVANAが解禁されました。少し前からネットでニュースにもなっておりずっと楽しみにしていたため、初日にふらっとスターバックスに寄ってしまいました。

お店の様子もTEAVANA仕様になっており、力を入れているなぁという感じがしたことと、TEAVANA定番ビバレッジ、限定商品の2種類を飲んできたので、その感想などを以下に書いていきます。

スポンサーリンク

 

店内の様子など

店内もTEAVANA仕様になっていました。これは壁面に飾られていたポスターです。TEAVANA解禁第一弾の「ゆず シトラス&ティー」のイメージです。壁面メニューやポスターなども全てTEAVANAになっており、凄く力が入っているなぁという印象を受けました。

f:id:nine-tail:20161003222037j:plain

 

コーヒー、紅茶を待つテーブルにはTEAVANAのポップもいくつかありました。スターバックはこういうポップなどのデザインがオシャレなんですよね。

f:id:nine-tail:20161003231001j:plain f:id:nine-tail:20161003231008j:plain

 

そして店員さんのエプロンもTEAVANAの文字が!お話を聞いてみると、この色以外にもピンクと青があるそうです。

(店員さんには写真撮影とSNS掲載許可を頂いております)

f:id:nine-tail:20161003230301j:plain

 

早速飲んでみました

f:id:nine-tail:20161003225257j:plain

今回は「ゆず シトラス&ティー」のアイスと「ネクタリン ピーチ&クリームティー」のホットを注文しました。晩御飯後だったので両方ともショートでの注文。持ち帰りのこともあったので紙コップで提供頂きました。

 ホットは紙の持ち手がTEAVANA仕様に、アイスはカップ自体がTEAVANA仕様になっていました。どっちもかわいい。

 

ゆず シトラス&ティー(アイス)

f:id:nine-tail:20161003224003j:plain

captured by : STARBUCKS

まずは「ゆず シトラス&ティー」のアイスを飲みました。TEAVANAサイトの説明は以下のもので、スターバックスで提供されているブラックティー(ホットはイングリッシュブレックファースト)で作っています。

 

ピンクグレープフルーツなどの様々なシトラスに国産のゆず果皮を組み合わせ、酸味を抑えながらも豊かな風味に仕上げたティービバレッジ。ピンクグレープフルーツや桃の果肉感、ゆずの皮の食感が特徴です。
ホットはイングリッシュブレックファストティー、アイスはブラックティーでお作りしています。

アイス ゆず シトラス & ティー|スターバックス コーヒー ジャパン

 

f:id:nine-tail:20161003233203j:plain

「爽やかなアイスゆず茶」という印象でした。ゆずの香りや果肉の甘さからゆず茶を連想させるのですが、様々なシトラスが入っているためゆずっぽさが全面に出ているわけではなく、爽やかな夏のドリンクとしてゴクゴク飲めそうです。

アイスの難点としては、「氷が溶けてしまうと薄くなりやすい」というところでしょうか。ゆっくり飲むにはあまり適していないような気がしました。

 

ホットの場合はイングリッシュブレックファーストのティーバッグが入っており、ゆずの香りも強く出ることが予想されます。今度はぜひホットを飲んでみようと思います。

 

ネクタリン ピーチ&クリームティー(ホット)

f:id:nine-tail:20161003222809j:plain

captured by : STARBUCKS

 

次は「ネクタリン ピーチ&クリームティー」です。こちらはホットで頂きました。ホットティーはスターバックスで提供されているアールグレイをベースにネクタリン果汁と桃の果肉が入り、クリームとピーチストロベリーのソースが掛かったものです。

 

色鮮やかなネクタリン果汁を使用し、白桃と黄桃で果肉感を合わせた、クリーミーな風味と果肉の舌触りが特徴のティービバレッジです。

ネクタリン ピーチ & クリーム ティー|スターバックス コーヒー ジャパン

 

f:id:nine-tail:20161003233059j:plain

一口飲んだ感想は「おっ、甘いピーチティーだ」というもの。最初はこの甘さが「クリームとソースのもの」かなと思っていたのですが、中に入っているネクターの甘さのようでした。後からアールグレイの苦味と酸味が混ざり合い、甘み、苦味、酸味のバランスがうまく取れているように感じました。

アールグレイのベルガモットのキツい感じが苦手な方でも、ネクターの甘さと一緒に飲むと美味しく飲めるというのが私の感想です。

 

底の方にはネクタリン、白桃、黄桃の果肉が入っており、抽出時間が少し長くなったアールグレイと一緒に頂くことで、アールグレイの苦さと果肉のダイレクトな甘さにより、先程とのバランスの違いを感ることができます。

 

こちらの商品は10月31日までの期間限定商品とのことなので、飲んでみたい方はぜひお早目にスターバックスへ行くことをオススメします。

 

これからの展開に期待

10月までの期間限定商品を出したので、もしかしたら「毎月期間限定商品を出すのでは」という期待もあったりします。

こういう創作紅茶って以外と巷で見かけないので興味もありますし、これを通して紅茶ユーザがどんどん増えてくれるといいなぁと思っています。