読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかみめも

アニメ、ゲームの話や紅茶の話など、日々気になったことをだらだら書いてます

多摩動物公園でタスマニアデビルが公開開始されたので行ってきました

「6月11日からタスマニアデビルがお披露目になるから行こうぜ」という妻からの要望を受け、多摩動物公園に行ってきました。どうやらアジアでタスマニアデビルが見れるのは多摩動物公園だけのよう(20年前には他の動物園にいた)で、お披露目効果の初日からカメラを持った人、子供連れの方などたくさんが訪れていました。

そもそもタスマニアデビルが多摩動物公園で公開開始となった理由としては、現地で発生している伝染病によるタスマニアデビルの生息数減少への対策として、オーストラリア側から分散飼育によるもの(これは各国へ依頼要請されているようですね)。日本でも分散飼育の協力をすることとなり、まずは多摩動物公園に2匹のタスマニアデビルを飼育し始めることとなったようです。

※ニュース記事を少し変更しました。

www3.nhk.or.jp

 

今回はタスマニアデビルを見に行った話と、初めての多摩動物公園の雑感についてです(学術的な話とかは全くありません)

 

多摩動物公園とは

東京の日野市にある動物園。電車では立川から「多摩モノレール」に乗るか、「京王線」で高幡不動から多摩動物公園前駅へ行くルートの2つ。都心から向かうと少し遠い(とは言え新宿からはほぼ電車一本で行ける範囲)ですが、他県の動物園*1に行くのとあまり変わらない気がしています。

広さは60ヘクタール(Wikipedia調べ)と上野恩賜公園全体よりも少し広いくらい。そのため、広い範囲に動物を広々と見せるという場という形をとっており、多種多様な動物を一同に見ることができる上野恩賜動物園と差別化がされている動物園のように感じました。

 

今回見に行ったタスマニアデビルだけでなく、シャモアも多摩動物公園でのみ見ることができます。他にもトキやムフロンなど普段見られないような動物を見ることができます。

広大な動物園ではあるものの、園内にはシャトルバスが走っており子供やお年寄りにも優しい仕様となっていますし、園内のいたるところに休憩するポイントがあるため1日いても楽しめる動物園ではないかなと思います。

HPは以下から。

 

タスマニアデビルのお披露目

タスマニアデビルのお披露目です。10時半からセレモニー、11時頃からテープカットおよびお披露目開始という流れでした。

動物園には開園直後(9時半過ぎ)に到着し、のんびり産まれて1ヶ月ばかりのマレーバクの赤ちゃんを見たり、ムフロンを見つつ目的地のオーストラリア園へ移動。到着したものの全くセレモニー感が出ていなかったので、コアラを3周ほど見ることに。その間にテープカットの現場、時間などを警備員の方から仕入れる妻。なお、セレモニー会場はカンガルー広場を使って行うそうでした。セレモニー開始前の会場は以下の写真のような感じ。テントの中に関係者を集めて、一言ずつ挨拶をしていくという感じでした。我々は総スルーでしたが。

f:id:nine-tail:20160613000644j:plain

 

「セレモニーには動物が出てくることはほぼないよ」という妻の意見を汲み、セレモニーをスルーしタスマニアデビルの飼育場所(テープカットの場所)へ向かうことに。20分前には既に10名ほどの人が待っていたのですが、それでもテープカットの様子がすぐ見れるほぼ最善に陣取ることができました。テープカットの場所は以下の写真のようで、我々の前に報道関係者が写真を撮っていました。

f:id:nine-tail:20160612234139j:plain

 

待つこと30分強。15分くらい遅れてのお披露目となりましたが、無事に一般公開が開始。この時点で後ろには100人以上の人が待っていました。そしてスタートと同時にみんなダッシュ。タスマニアデビルガチ勢怖すぎるでしょ……。

というわけで、以下にタスマニアデビルの写真をいくつか。写真が少ないのは、ガラス越しだったので反射のせいでいい写真が撮れなかったためです、すまないんやで……。

f:id:nine-tail:20160612234613j:plain

 

ほあぁ、かわいいよぉ……。

f:id:nine-tail:20160612234624j:plain

f:id:nine-tail:20160613001014j:plain

 

タスマニアデビルの飼育場所に「Save the tasmanian devil」の文字が書かれていました。後々調べると、タスマニアデビルを保護するプロジェクトが立ち上がっているようですね。HPにはタスマニアデビルを保護するプロジェクトで行っていることやアニュアルレポートが載っていましたのであわせて紹介しておきます。

Save the Tasmanian Devil - Home Page

 

スポンサーリンク

 

その他動物園の写真など

タスマニアデビルを見終わった後も少し動物園を散策しました。結局3時間くらい歩き回ったのかな。帰る頃には充実感なのか疲労感なのかわからないくらい楽しんだ気がします。

以下のようなバスっぽい休憩所は多摩動物公園の至る所にありました。子供の多いアフリカエリアなどでは子供でごった返していましたが、アジア園の奥の方は割と静かで以下の写真のようにカップルがイチャコラしているのを見ることができました。(肖像権の都合上、画像を少々加工しております)

f:id:nine-tail:20160613001357j:plain

 

檻越しのピューマ。じっと見てきて超かわいい。他にも可愛い動物の写真を撮ったりはしたのですが、個人的にはこの子が一番可愛かったので。

f:id:nine-tail:20160613003437j:plain

 

お土産コーナーでは早速タスマにデビルのグッズも売りだされていました。初日だということもあり、タスマニアデビルコーナーが以下のように作られていました。

f:id:nine-tail:20160613001805j:plain

 

さいごに

タスマニアデビルについては、分散飼育の兼ね合いから多摩動物公園以外の動物園でも今後飼育されるのではないかと予想をしております。分散飼育が進み、タスマニアデビルの生息数を増やしていけると保護につながりいいのではと思っています。難点としては飼育できる人がどれくらいいるのかですね……。

多摩動物公園のタスマニアデビルの2匹はともにメスなので、今後繁殖活動を行う場合はどうするのかという疑問などはありますが、まずは分散飼育をすることが目的で、今後ブリーディングなども考えていくのでしょうか。

 

タスマニアデビルを初日から見るために多摩動物公園に行ってきたわけですが、思っている以上に楽しんでしまいました。上野恩賜動物園では見られないような動物を見ることができるにも関わらず来場者はそこまで多くないので、ゆったりと散歩ができるいい場所のようにも感じました。

タスマニアデビルもそうですが色々な動物をゆっくり見ることができる多摩動物公園。カップルでも家族連れでもいい遊び場だと思いますので、一度行ってみるといいと思いますよ。

*1:ズーラシア、東武動物公園など