読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかみめも

アニメ、ゲームの話や紅茶の話など、日々気になったことをだらだら書いてます

ハイスクール・フリート(はいふり) 4話感想 ~トイレットペーパーについてのどうでもいい考え~

3話では初めての夜戦を経験しました。ドイツ留学生という新たなキャラクターを加え、さらにましろの趣味が段々わかってきて少しずつ雰囲気が掴めてきたように感じます。あとはアニメ本編がどのように進んでいくのか、そんな4話の感想記事です。

 

スポンサーリンク

 

 

前回のあらすじ

武蔵からの緊急支援の無線を受けた晴風。しかし彼らにどうすることも出来ないため、今回は救援を見送ることに。全速力で逃げることができない状況下で今度は潜水艦伊201が晴風に牙をむく。

初めての夜戦に戸惑う船員だったが、潜水艦の魚雷の振動で目が覚めたドイツ留学生のみーちゃんの知識と「こっつん作戦」という明乃の奇策により潜水艦の動きを止めることができる。学校からの帰艦命令が出たため、晴風は学校へ戻ることに。

9tail.hatenablog.com

 

4話感想の流れ

早速の日常パート 足りない資材

f:id:nine-tail:20160502000702p:plain

潜水艦との一戦から早3日。学校からの帰還命令が出ているため、他の艦に出会わないように横須賀まで戻る晴風。なお横須賀への到着まで2日まで掛かる、そんな彼女たちに起こった一大事とは・・・・・・

 

トイレットペーパーの紙が切れるという乙女の大事件

 

250ロールを準備していたトイレットペーパーが切れるという大事件。これはとんでもないやつや・・・・・・(後述しますが、これはとんでもない事件です)

ちなみにトイレットペーパー以外の資材も足りないため、オーシャンモールへの買出しを決定した晴風一行。なお彼女たちは指名手配の身のため、少数精鋭かつお忍びで買出しに行くことに。

 

f:id:nine-tail:20160502010200j:plain

そしてさらに彼女たちはお金が足りないので皆からトイレットペーパー募金をすることになったのですが、小切手やらジンバブエドルやらとみんな個性的ですよねぇ。というか、ジンバブエドルが若干現物に似ているのがちょっとウケたのと、この世界でもジンバブエはハイパーインフレを起こしているのかと思ったのと。

 

買出しへ行くメンバーと待機中のメンバー

f:id:nine-tail:20160502010814j:plain

買出しメンバーは明乃以外の3人は伊良子美甘、和住媛萌、鏑木美波。応急、衛生、炊事という必要資材の購入チームを上手く組んだように感じます。水上バイクでショッピングモールの入り口までたどり着き、水上シャトルバスを経由してモールに到着。

 

一方で、待機メンバーについては普段どおりの日常回っぽい普通のお話かなと思っていたら、漂流物をあさっているメンバーが通販会社であるAbyssのコンテナをゲットする展開に。コンテナの中には謎の動物。コンテナから謎の動物が出てきたけど大丈夫なのかなこれ。

 

 

拘束される明乃、囲まれる晴風

f:id:nine-tail:20160502013454j:plain

トイレットペーパー1年分をガラガラ1回でゲットした豪運こと明乃だったが、制服を着た何者かに見つかり、その場で拘束されてしまいます。制服を見るに学校の人ではなさそうですが・・・・・・。

 

一方で晴風も間宮、明石および他2隻に囲まれてしまいます。そこにようやく明乃も現れるも、ブルーマーメイドの小海艇とともに現れます。どういう展開だよこれ、と思っていたら志摩ちゃんが謎の動物の影響を受け、まさかの暴走。いや本当にどういう展開だってばよ。

ここで暴走した志摩ちゃんが間宮、明石に小銃をぶっ放すものの、さらに暴走したみーちゃんが志摩ちゃんを海へぶん投げるというとんでも展開に。

 

f:id:nine-tail:20160502014734j:plain

あー、これでついにはいふり終了かなぁと思ったら、どうやら間宮、明石およびブルーマーメイドの方々は晴風を助けるために来たとのこと。

学校および安全監督室と海上安全整備局との見解が違っていることがここではっきりしましたね。視聴者側は晴風側の見解しかわかっていないので、晴風が問題ないことはわかっているのですが、この見解の相違の真の原因やこの一連で起こった何かはまだわかっていないですね。この辺りは段々わかってくるのかな。

 

そして志摩ちゃんを豹変させた謎の動物は美波のところに預け、調査をかけることに。さらに間宮、明石の2隻は現在謎に包まれている武蔵のところに向かうとのこと。最後の武蔵のカットインといい、何やら不穏な感じがしてならないですね。

 

感想

今回は全体的に日常色が強かったこと、伏線がいくつか回収されるかなと思ったらまた伏線となりえる要素が増えて収拾が付くのかちょっと困惑しているという印象を受けました。日常パートはみんなかわいいのでいいのですが、ストーリーの本節は若干迷走しているのかな。これで綺麗に伏線回収できればすごいいい話になりそうではありますが。

4話で明石から使っていない武装をもらったこともあり、5話で戦闘ということもありえそうですね。はいふりは日常パートと戦艦の戦闘シーンが見ものなので、戦闘シーンはあってほしいなぁと願うばかりです。

 

気になったこと

謎の動物

f:id:nine-tail:20160502005339j:plain

4話でコンテナから拾った謎の動物。五十六が追いかけていたので恐らくネズミの類ではあることは確かです。気になるのが、この謎の動物の目が光ったことにより、志摩ちゃんの性格が豹変し、好戦的になりました

最終的にみーちゃんのぶん投げにより海に投下され、普段どおりの志摩ちゃんに戻ったのですが、ここで発生した性格の豹変はもしかしたら他の戦艦でも同様に発生しているとすると・・・・・・という一説に至りました。

 

みーちゃんのところの戦艦のシュペーでも、周りのクルーが言うことを聞かなくなったと言っていること、さるしまのいきなりの戦闘行動もこの謎の動物の影響があると言えそうです。仮にネズミであれば、ネズミを媒介して移る感染症もありますし、集団で何かに感染していてもおかしくはなさそう。

f:id:nine-tail:20160410015925j:plain

と書いている途中で思い出したのですが、1話に出てきた古庄教官の様子が志摩ちゃんの様子とはちょっと違っていたようなので、違う線という考えというのが今のところの私の考えです。謎の動物は衛生長の美波のところで預けて調査をかけているので、この後の話で何か解明されるのかなと思っています。

 

移動経路と前回の海図の表現

f:id:nine-tail:20160425005617j:plain

3話の冒頭で出てきたのがこちらの絵。晴風も武蔵もビーコンを切っているとの情報があったため、学校側は応答がない艦をLOST扱いにしていると考えてよさそうです。なお、今回現れた間宮、明石は護衛艦である浜風、舞風とともに4隻で現れたため、この海図通り一緒に行動をしているといって間違いなさそうです。(まぁ補給艦に護衛艦を付けないというのはちょっとありえないですしね)

 

トイレットペーパーについて

f:id:nine-tail:20160502003842j:plain

時系列の話などもっと考察をするべきことはたくさんあるのですが、4話で気になったトイレットペーパーの考察でもします。

前提として、彼女たちは1日で使うトイレットペーパーの量について。(話中でも出てきましたが、)日本人女性の1日のトイレットペーパーの使用量は平均12.5mなので、これをベースに考えていきます。

トイレットペーパーのポータルサイト|トイレットペーパー1ロールは何人分?

 

2週間の航海で30(+1)人のクラスメイトの使用量をここから計算をすると、1日で375(+12.5)mです。シングルのトイレットペーパーの場合、1日で6.5ロール。ダブルの場合はこの倍の13ロールです。航海の日数が2週間、つまり14日だとシングルで91ロール、ダブルで182ロールを使うことになりそうです。

 

ここで「余裕を持って250ロールを準備した」と言っているということは、上記計算に50%程度の余裕を持ったと考えられます。そのため、恐らくトイレットペーパーはダブルのものを準備していたんじゃないかと思われます。さすがにシングルとかありえないでしょ。

 

入学式からトイレットペーパーがないことを通達されるまでの正確な日程は不明ですが、1話途中(さるしまに襲われるところ)から6日が経過しています。仮に入学式が4月1日と考えると約12日。横須賀から西之島新島までの移動時間を約3日と仮定する(東京~父島までおがさわら丸で約26時間、移動時間と晴風のメンテナンス時間を考慮したもの)と約9日で250ロールほとんどを使うことになります。

 

仮に約9日で250ロールを使うと考えたら、1日平均28ロールを使う計算になります。平均の2倍の消費スピードです。

夜戦の激しいドイツ人がトイレットペーパーも使いすぎていると思ったのですが、彼女は起きてから3日しか経っていないため、彼女だけがガンガン使っているとは思えません。みな平均的に使いすぎなのかもしれません(ドイツ人が1回につき1ロールとか使っていれば辻褄があいそうですが)

 

鼻をかむ用途でトイレットペーパーを1人1ロールずつ使っても、2週間では使いきれるはずもないため30ロールしか消費されないはず。食堂などで20ロール持っていっても残りは200ロール。やっぱり使いすぎですわ。

 

f:id:nine-tail:20160502012230j:plain

なお、あのダンボールにはトイレットペーパーが24ロール(3×4×2)入りそう。今回のお出かけで80ロールくらいは購入しているように見えます。

 

「使いすぎてるヤツは誰なんだ・・・・・・」ということよりも、「みんなお手洗いが近いのねウフフ」などという若干達観した感じがしています。お手洗いに行くけど、トイレットペーパーがなくて拭かなかったりする晴風の船員一同といったような酷い妄想が捗りました。というところで考察おしまい。

 

3話での盛り上がりと4話の不穏な感じ

3話で雰囲気もよくあり段々面白くなってきたかなぁ、次回はどうなるんだろうと思っていたら、4話で「あれ、こんな感じなの」と肩透かしを食らったような感じを受けました。日常パートはいつもどおりほのぼのですし、今後の展開と人間関係がわかったので悪い話ではなかったのですが。

3話でぐっと視聴者にいい感じの雰囲気を根付かせたにも関わらず、4話で盛大にズコーってなってしてしまった艦隊ものアニメがありましたね。海には悪魔かなにかいるのでしょうか。*1

 

はいふりは3話と4話の話の進行が連動しているので、次回以降のシリアスパートに期待をすればよいのですけれども、そろそろ勢力図が明確化してこないと、ほのぼのアニメとして見る形というのが正解なような気がしてきました。今のところは面白く見てはいるのですけれども。

 

さいごに

今回ははじめて戦闘がなかった回でしたが、安全監督室とさるしまとの報告の食い違いが発生していることなど現状が少しずつ見えてきました。また武蔵も晴風と同様にビーコンを切っているため同様の状況になっている可能性がありそうです。もしかしたら寝返りということもありえるのかも。

ちょっと伏線が多いかなという印象を受けていますが、どこかで一気に回収をするというような流れもありますので、とりあえず次の話がどうなるか待っていましょう。 

*1:アルペジオはそんなことなかったですよね。面白かったですよね。