読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかみめも

アニメ、ゲームの話や紅茶の話など、日々気になったことをだらだら書いてます

ファストフードなのに紅茶の味が格別な「モスバーガーの紅茶」

紅茶

f:id:nine-tail:20160123201905j:plain

 紅茶は好きなものの、ファストフードに行くときは基本的にソフトドリンクを頼む私。理由としては「ファストフードの紅茶はおいしくない」という単純明快なものです。

そんな私がたまたまモスバーガーの朝食の際に一緒に紅茶(ルフナティー)を頼んだのですが、ちゃんとおいしい紅茶が飲めたことに驚きが隠せなかったので、今回はこの話をします。

 

 

 

モスの紅茶のこだわり

以下リンクにあるよう、モスの紅茶は紅茶専門家である磯淵猛氏が監修した産地にこだわった紅茶が特徴です。モスの紅茶には紅茶(キャンディ)とルフナティー(ルフナ)の2つがありますが、ともに磯淵先生が監修されたもので、産地にこだわっているらしい。ファストフードでシングルオリジンな紅茶*1をファストフードで提供しています。

モスの紅茶 | 商品へのこだわり | モスバーガー公式サイト

 

ちなみに磯淵先生は紅茶業界ではみんなよく知っている重鎮のひとりで、午後の紅茶などを監修されたり、たまにテレビに出ている人です。藤沢でディンブラという紅茶専門店をやっているので、気になった方はこちらHPへ。

紅茶専門店 ディンブラ|ディンブラオンラインショップ

 

紅茶の提供について

提供時の様子

紅茶の産地にこだわっているだけでなく、紅茶の提供の仕方もしっかりしていました。朝食のハンバーガーと一緒に提供されたときの写真ですが、ティーカップが完全にフタをされている状態で提供されています。しかもお湯の温度も高いため、紅茶がしっかりと抽出されるようになっています。

f:id:nine-tail:20160123214012j:plain

 

フタを開けてみる

 フタをあけるとティーバッグが中にありました。しっかり紅茶が抽出されており、茶葉はしっかり開いていました。よく見てみるとティーバッグの形は四面体をしています。普通のティーバッグ(長方形のヤツ)に比べて茶葉が動きやすくより抽出されやすいようになっています。このティーバッグの形ってリプトンのピラミッド型のティーバッグと一緒なんですよね。

ちなみに先ほどのフタは茶殻置き場にもなるので、トレイが汚れずにすみます。これは意外と便利。

f:id:nine-tail:20160123214622j:plain

 

肝心の紅茶の味

紅茶の水食は淡くなくしっかりしたオレンジ色をしており、ルフナ茶葉がしっかりと抽出されているようでした。味も紅茶の渋みだけでなくほのかな甘みも感じ取ることができました。ファストフードとしては抜群のおいしさじゃないかな。

頼んだ紅茶がルフナティーだったのでミルクがあったほうがよかったのですが、ファストフードではコーヒー向きのフレッシュしかないため今回は断念。紅茶にフレッシュは絶望的にまで合わないですから・・・・・・。

f:id:nine-tail:20160123221044j:plain

 

まとめ

モスバーガーの紅茶は他のファストフードに比べて茶葉や提供方法までこだわりがあり、味としても申し分ないものでした。しかも250円だからリーズナブルで、コストパフォーマンスもよいです。正直モスなめてました。モスらいしゅき。

他のファストフードでもおいしい(さらに安ければなおよい)紅茶があれば、それにもチャレンジしてみたいですね。

*1:生産者が明確、かつブレンドや着香などの加工を施していない紅茶