読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかみめも

アニメ、ゲームの話や紅茶の話など、日々気になったことをだらだら書いてます

久しぶりの夜行バスで帰郷することで気づいたこと

雑記

今年の帰郷は後からひとりになったので、新幹線や飛行機ではなくあえて夜行バスで帰郷することとしました。今回はJRバスで東京から大阪までバスで帰宅することとしました。

もうこのタイミングなので既に東京まで戻ってきているので、久しぶりのバス帰郷がどうだったかを思い出すように綴ることに。

 

 

東京駅は死屍累々

夜行バス出発の1時間前に東京駅へ到着。バスへ乗り込む前に腹ごなしをするために地下街へ入りラーメンを食べる。意外と早く食べ終わりまだ30分以上時間が余ってしまう。仕方がないのでバスの発着所の確認を兼ねてバス乗り場の近くまで行くことに。

バス発着所の近く(東京駅八重洲北口あたり)に到着すると、そこらじゅうに地べたに座ってぐったりしているバス待ちの方々が。バイオハザード2の市街地さながらのゾンビゾーンに辟易し、地下街をうろうろしたり、飲み物を購入したりしながら時間を潰す。バス内で空腹を満たすための食料確保のためにコンビニへ行くも、弁当はおろかおにぎりやサンドイッチなどのパン類までほぼ売り切れ。さっきのゾンビたちが取っていったのかと思うと涙が止まらなくなる。

東京の夜は寒いが、今から帰る実家の寒さに比べたらと思うと外の寒さもどうってことない。そんなことを考えていたらバスへの乗り込み時間になったので、ゾンビゾーンから退避することとした。

 

バスに乗り込む

バスの時間が来たので、バスに乗り込む。一番後ろの席だろうと意気揚々としていたら、後ろから2番目の席だった。いつからバスの車両が変わったんだと心の中で憤慨しつつも、どうせ寝るだけだしと自分を落ち着かせる。

今回乗るバスには女性の方が多い。コミケ帰りのオタゾンビはほとんどおらず、平和な車両になりそう。隣に美人でも座ってくれると今日は1日いい日で終われそうだと思っていたが、私の隣には北斗晶激似の女性が座ることに。佐々木健介の気持ちに少し近づきながら缶チューハイを開ける。そういえば寝酒なんて滅多にしたことがなかった。

寝る準備を整えていると、周りも徐々に睡眠ムードに。斜め前の女性の分厚い化粧がどんどん落ち、化けの皮が露になるのを見ながら缶チューハイをぐびぐび飲み進める。すごい、まるで別人や。ぶっちゃけ酒の肴にちょいどよく、少ししたら気持ちがよくなり軽く眠りにつく。

 

気づいたら足柄SAまで到着。うとうとはしていたが一度立ち歩き、飲み物の追加補充をしておかないといけないなと思い散歩をすることに。

夜のサービスエリアはバス帰りの方と夜移動の家族連れでごった返しており、コンビニには長蛇の列。何とか飲み物を購入し夜のサービスエリアをゆっくり散歩することに。都会から離れ空気が少し澄んでいるような気がしているが、周りは大型バスが多いのでやっぱり気のせいだった。時間も間近だったので仕方なくバスに戻る。次のサービスエリアの休憩は外へ出ず寝続けることにしよう。

足柄SAを出発し再度電気が消えると、散歩の成果もありすぐ眠りに着く。気づいた頃には大阪駅に到着する目前まで差し掛かっており、少しは眠れたのかなと感じつつバスでの最後のひと時を過ごした。

バスは定刻よりも早く到着し、特に何のトラブルもなく到着した。ここから電車に乗って実家の最寄り駅まで移動する。実家は寒いだろうなぁと杞憂になりつつ、実家へ戻る。

 

久々の夜行バスに乗って・・・・・・

上記の通り、久々に夜行バスで帰郷をしましたが、個人的には悪くなかったなと思っています。4列車両なので狭いかなぁとも思いましたが特に問題なく、大したトラブルや遅延もなく過ごせました。3列の車両だと2,000~3,000円くらい高くなりますが、快適度は上がりトラブルも減らせますので、出来れば3列車両をオススメします。

ちなみにJRバス以外で帰宅をする場合、出発の時点で結構な遅延が発生する可能性が高く、乗客の客層もJRバス以上に酷い可能性が高いので、あまりオススメはできないです。夜行バスに乗るのであればJRバスがオススメです。

 

バスでの持ち物

夜行バスは安価なことから若年層や偏屈な方が多く、当たり外れはありますが、耳栓とアイマスク、ネックピローの3種の神器が揃っている場合は特に問題なく眠れます。特にいびき対策として耳栓があると一番よいです。私はカナル型のイヤホンを耳栓代わりにしているので、イヤホンでも耳栓代わりになります。あとはマスクも持っていたほうがいいです。バス内は乾燥するので、乾燥対策にマスクをつけて寝るのがよいですね。

 

SAでの休憩

夜中のサービスエリアに行くこともまた珍しい経験です。ぜひ外へ出て気分転換をしましょう。サービスエリア休憩が20分間あるので、飲み物を購入してちょっと散歩をするには最適です。休憩は2回あるのですが、むくみ防止のため1回は経ち歩くことがオススメです。ただし夜中なのでお店は半分くらい閉まっていますが。

 

改めて、夜行バスで帰郷をしたが思ってる以上に快適に帰郷することができました。少し睡眠時間は少なく次の日へ眠かったですが、それ以外は何も問題なし。

たまには新幹線などを使わずゆっくり夜行バスで移動するのもアリじゃないでしょうか。私はたまにはバスに乗りたいなと思います。