読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかみめも

アニメ、ゲームの話や紅茶の話など、日々気になったことをだらだら書いてます

Master's teaに行ってきました

2016.3.12追記 現在休業中です。HPも停止中ですので、ご注意ください。

 

今日からMaster's Tea1号店のMT-01が開店したので、時間があったので行ってきました。

サイトなどの情報もほとんどなかったので(Twitterのアカウントはお店で始めて聞いた)本当に開店したのかどうかわからなかったですが、その点も含めて見に行ってみました。(写真撮影については、人の写真が写っていなければOKとのことでした)

HP >> Master'sTea

twitter.com

お店の場所と概観、内装など 

 場所は神保町A5出口から徒歩3分くらいのところ。

地図を見ながら行けばそこまで迷わないと思います。地理感のあまりない私は少し迷ってしまいましたが、それでもすんなり到着。お店は割と裏路地にあり「こぢんまりとした隠れ家」という言葉が似合います。

 

f:id:nine-tail:20151212230103j:plain

f:id:nine-tail:20151212230026j:plain

 

お店に到着したら、お店の前でエプロンをつけて接客をしている方がいたので見てみると、紅茶王子こと熊崎俊太郎氏がいらっしゃいました。やはり熊崎さん関係のお店だったか・・・・・・。神保町だということとお店名からなんとなくの察しはついたのですが。何か手土産を持っていけばよかったです。

 

 さて、お店に入ると席は全部で10席。4人席、2人席が1つずつと、カウンターに4席といった構成でした。スペースとしては少し窮屈さを感じますが、おひとりさまにはカウンターがちょうどいい感じ。全体的に落ち着いた調光で読書にもゆっくりティーブレイクするにもいい感じです。下の写真はカウンター席の様子です。

f:id:nine-tail:20151212231001j:plain

 

私は夕方に行ったのでそこまで混んではいなかったのですが、お昼は初日ということもあってか大盛況だったそうです。時間をずらして行ってよかったです。

 

メニューと頼んだもの

メニューを拝見し、紅茶とおやつを注文。今回はマイルドブレンド(鯨)とフルーツパウンドケーキを注文しました。今回の紅茶を選択した理由として「一番味の印象が沸かなかったから」です。

なお、メニューについては今後も拡充していくとのこと。どのようなメニューが増えるのか、楽しみです。

f:id:nine-tail:20151212231901j:plain

 

紅茶とケーキが到着したのでぱしゃり。紅茶は基本的に茶葉抜きで提供されますが、茶葉を入れての提供も可能とのこと。注意書きを見ていたにも関わらず茶葉入りでの提供をお願いするのを忘れてしまいました。このミスが後々大きなミスに。

f:id:nine-tail:20151212232100j:plain

まず紅茶の感想ですが、渋みがきつくなくマイルドなので、紅茶にあまり馴染みのない一般の方には非常にウケがよいと思います。ただし紅茶をよく飲まれる方だと「物足りない」「パンチが足りない」といった意見が出そうな一方で、「口当たりがよい」という意見も出そうなので味の好みが分かれそうな気がします。渋すぎず飲みやすいため、朝一番や夜長に飲むお茶としては向いているかなというのが私の感想です。

茶葉を入れたままにしておけば、最後の3杯目ではある程度濃い茶液になると思われたのですが、先ほど書いたとおり茶葉抜きでご提供いただいてしまったので、その濃さの落差が楽しめなかったです。ミルクを入れて飲んだときにコクと濃さが足りなかったなぁと感じたのですが、茶葉入りで提供して頂いてたら、最後の1杯はミルクを入れても紅茶の味が負けないかな。

フルーツケーキはしっとりめでドライフルーツとよく合っています。生クリームと一緒に提供されたのですが、生クリームあり、なしどちらでもよさそうです。個人的には生クリームなしのほうが好きでした。

 

茶葉の購入も可能

また店内で飲める紅茶は茶葉での購入も可能です。50gで500円くらいだったので、市販されているブランド紅茶よりも比較的安価で購入可能です。紅茶に関しては最低限のルールさえ守れば比較的誰でもおいしく紅茶を淹れることができるため、ちょっと買ってみて自分で淹れてみてというのもアリだと思います。50gだったらすぐ使い切る程度の分量ですし、余ったら水出し紅茶にして一気に使ってしまえばいいと思います。

f:id:nine-tail:20151213000130j:plain

 

茶葉と一緒にティーコジーが売られていました。ネコ耳と尻尾がついているネコの形をしたコジーです。作っているのは時計草工房さん(@tokeisoukoubou)とのこと。超かわいい。欲しい。

f:id:nine-tail:20151213000357j:plain

 

このご時勢、なかなか新しい紅茶専門店が出てこない中、隠れ家的な紅茶のお店が増えたことが嬉しかったです。また紅茶を取り扱うお店が増えてくれると嬉しいですね。